「 福 助 爺 」
 <top> <加藤製作所オリジナルコレクション>

 

福助爺(ふくすけじじい)

ヘブン・アーティストにしてアンダーグラウンド愛國芸人である「舞丸」氏が大道芸の際に相棒として使用している人形。

“福助”の加トュー解釈版です。

FRP(樹脂)で強化された60立方cmの大きさがあるその頭部はかなりの重量があり、

演者である舞丸氏の肉体を日々痛めつけております。

これを「爺の祟り」と言います。

「福助爺」にはある仕掛けが内蔵されておりますが、それは大道芸で確認してください。

近年の作品の中では一番愛着のある作品です。




COPYRIGHT(c)2008kaiju-shop.com ALL RIGHTS RESERVED